厳選 銀のばら干し。スサビノリ品種。(アマノリ、クロノリ)

厳選 銀のばら干し。

 

旨味の濃いスサビノリ、「青香る」風味と味わい。これぞ相澤太の「海」と言わんばかりのばら干し海苔です。一度食べたら止まらないやみつき続出、贈り物にも大変お喜びいただいております。

 

まるで海そのもの。岩ノリの旨味そのものを凝縮した、ばりばりやんちゃなばら干しに仕上げています。

 

2017年産は、前年よりふんわりできました。

金のばら干しとの食べ比べができる今こそぜひ、ご賞味ください。

 

◆税込:432円/送料別

¥400

  • 在庫有り
  • お支払い確定後、1週間程度でお届け

◆おすすめの食べ方◆

・つゆもの…お吸い物で海苔汁に、味噌汁、鍋

・麺類…うどん、そば、中華麺、パスタ

・かける…お好み焼き、たこ焼き、カルパッチョ、カレーライス、卵かけごはん、納豆、海鮮丼ぶり

・天ぷら…大きめのまま天ぷらに、細かくくずして天ぷらの衣にもおすすめです

・その他お料理に…卵焼き、なめろうと合える、佃煮を作る、そのままおつまみに…

使いようは無限大です☝

 

最も磯の香りを感じられるのが、銀のばら干しです。


板海苔では決して味わえない香り、風味、食感、そして、海。摘みたて直後に丁寧に乾燥しているため、生海苔そのものの旨味を閉じ込めました。


 

 ◆様々な海苔の加工、多くは板海苔から。

焼きのり、きざみ海苔、八つ切り、ふりかけ、海苔の佃煮…。

みなさんが召し上がる海苔にはいろんな形状のものがあると思いますが、実はその多くは、「板海苔」の形状に仕上げられた状態から、さらに加工されたものばかりです。それはそれで美味しいですね。


 

 ◆生海苔から加工されることが少ない理由。

一般的に「漁師」というと、「海から捕ってきたら終わり(+α程度)⇒出荷」のイメージが多いと思います。海苔漁師は違います。生海苔の状態で入札・セリに出されることはまずありません。

摘み取ったあと、自社工場へ運び、大型の設備機械による生産工程をいくつも経て、最終的に「板海苔」に仕上げるところまでが海苔漁師の持ち場だからです。(工場での丘作業も海苔漁師の最後の腕の見せ所。また別のお話で…。)

 

 ◆一般的な流通の流れ 

海苔漁師の元で「板海苔」の状態に加工されて初めて、入札に出され→問屋が買取→焼加工、味付け加工、カット加工、包装等を施し→卸売り・小売り販売、といった流通の流れです。

 

「海苔は鮮魚と同じ」というように、生海苔の状態では鮮度の落ちがとても早く、極端に日持ちがしないため、市場への流通が難しいという要因があるからです。(*厳選 生海苔佃煮は、生海苔から作る数少ない加工品の一つ。)スーパーや魚屋さんで、スサビノリ(クロノリ)の生海苔が見かけられないのはそのためです。

 

 ◆摘みたて生海苔から加工できるのは漁師しかいない

しかし、本当に味の濃い旨味を持つ海苔が育てられたからには、最高の状態で味わってほしい。ぜひ海苔そのもの、旨味そのものを凝縮した状態で食べる人に海を感じてもらいたい。その一心から、ばら干し海苔を自分で作ることに決めました。

 

 ◆海苔そのものを感じられる仕上げ

天然ミネラルの宝庫・海で育った海苔を摘み取り、新鮮なうちに、丁寧に手間暇をかけて乾燥させたのが、このばら干し海苔です。

 

◆生海苔を丁寧に乾燥

ばら干しの乾燥加工、正直時間かかって大変です。ちゃんと乾燥しないと腐ります。

時間もコストもかかりますし、加工の手間暇は板海苔の非じゃないです。💦

全自動機械のの板海苔で出したほうがよっぽど楽なんですけど、なんでやるかって?

「やっぱ美味いからです(笑)。食べる人に海苔の美味さの魅力を楽しんでほしいからです。」


どこまでも海。これが本来の海苔の旨味です。

生海苔を乾燥して仕上げているため、焼きのりにない海苔の葉っぱそのもののをご堪能いただけます。

香り、風味、食感、味、全ては僕らが育ててきた海苔そのものです。

 

Q.なぜばら干し海苔なのですか?

 

世の中にはいろんなばら干し海苔が売られています。焼いたばら干し海苔、ふわっとしたもの、さくっと口どけの軽いもの。しっとり水分をふくんでいるもの。僕が目指すのは、限りなく自然の海苔を活かした仕上げ方。

 

せっかく海苔が旨味の力持ってるので、そのまま海を感じられる仕上げにこだわりました。

 

その昔、非常に養殖が難しいとされる岩ノリ品種へ挑戦したら、天然の岩ノリは荒波に揉まれ岩礁に生息できる生態から、海苔の葉っぱが異常に硬い特性がありました。

一番美味しく食べていただける方法を考えて、ばら干しに仕上げたのがはじまりです。

 

しかし、美味いのは岩ノリだけではないんです。スサビノリでも、その品種と育て方によっては、最高に旨味を持つ海苔を作ることができることを証明したくて、スサビノリ”の美味いばら干し”に挑戦しました。岩ノリ程の葉の硬さがないスサビノリは、逆に旨味とばら干し食感のバランスが非常に難しく、銀のばら干しは作れる数が極端に限られます。

 

 

Q. 金のばら干しとの違いは?グレードが落ちるのですか?

 

金のばら干しは、”岩ノリ品種”、銀のばら干しは”スサビノリ”品種と、海苔の品種が違います。もちろん味も違います。青飛びといい、天然の青のりが網について一緒に育つこともあります。

つまり、質、グレードの差ではなく、どちらも奥深い美味しさの違いががあるので、人それぞれ楽しみ方や趣向の違いです。

 

種付けの難しさの希少性が高いのは岩ノリ品種の金のばら干し。スサビノリの旨味に最大限こだわって育てる難しさでいえば、銀のばら干し。成功率・手間暇・希少性の高さ、どちらも同クラスです。

 

この二種類の”海苔の品種”を混同しないよう、パッケージを分けてみたのですが、秋の早い段階に育つ”岩ノリ品種のばら干しを金の袋で作ったため、その後真冬の収穫を迎えたスサビノリ品種のの美味いばら干し出来て、じゃあ次は銀!的な(笑)。金メダル・銀メダル的な順位の差は存在しません。

 

 

◆おすすめの食べ方◆

・つゆもの…お吸い物で海苔汁に、味噌汁、鍋

・麺類…うどん、そば、中華麺、パスタ

・かける…お好み焼き、たこ焼き、カルパッチョ、カレーライス、卵かけごはん、納豆、海鮮丼ぶり

・天ぷら…大きめのまま天ぷらに、細かくくずして天ぷらの衣にもおすすめです

・その他お料理に…卵焼き、なめろうと合える、佃煮を作る、…など、使いようは無限大です☝

 

お客様からのお写真の一部です。ありがとうございます!



◆相澤太の厳選ばら干しシリーズ。食べ比べをお楽しみでください。

厳選 金のばら干し。
   養殖の難しい超希少品種「岩のり」の品種を大切に育てているため、毎年作れたら奇跡です。※「岩のり」は、天然以外は食品表示できないため、商品には記載しておりません。   まるで海そのもの。岩ノリの旨味そのものを凝縮した、ばりばりやんちゃなばら干しに仕上げています。   ◆税込:432円/送料別 ... (続きを読む)
¥400
厳選 銀のばら干し。
  旨味の濃いスサビノリ、「青香る」風味と味わい。これぞ相澤太の「海」と言わんばかりのばら干し海苔です。一度食べたら止まらないやみつき続出、贈り物にも大変お喜びいただいております。   まるで海そのもの。岩ノリの旨味そのものを凝縮した、ばりばりやんちゃなばら干しに仕上げています。   2017年産は、前年よりふんわりできました。 金のばら干しとの食べ比べができる今こそぜひ、ご賞味ください。 ... (続きを読む)
¥400