「一生で一番美味い海苔を作る。」


皇室御献上の浜 宮城県 東松島市 矢本より。心を込めて育てています。

※育苗期の約2週間のみ、宮城県松島湾内で行っております。        ▶こだわりの海苔づくり2018-2019


 

●食品のため、「卸売・転売目的」の個人または法人方によるお買い上げは固くお断りいたします。

●海苔は、保管湿度や管理方法により大きく影響される食品です。お客様におかれましても、個人の責任において信頼のおける海苔の販売店(または漁師)からお買い上げくださいますようおすすめいたします。

●TV放映前後より、非公式サイトやブログでご紹介いただいているものの情報の中には、別の商品をご案内されている場合がございます。類似品や未取引先の転売商品をご購入された場合、食品衛生・品質保証・損失・損害・その他トラブル等において責任を負いかねます。

※amazonさまで出品されてる焼きのりは、公式およびお取引先販売店様のものではありません。品質保証ができませんのでご注意ください。アイザワ水産および取引先販売店では、1帖¥1880くらいの販売をしておりません。

 

●現在本業の漁に専念するため、ご注文個別の納期指定や問い合わせを承ることができません。

●完売商品のお問い合わせにつきましては、次シーズン生産できるまでご返答できかねます。

  大変恐れ入りますが、一生産者として海と向き合い良い海苔を作ることが本業のため、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。


2021年3月、NTTドコモ様CM

水産ICTブイの開発・設置にご協力いただきました(株)NTTドコモの多くの皆様、アンデックス(株)様、本当にありがとうございます。これからも日本、世界の海と水産のためにも、よろしくお願いいたします。▶レインボープロジェクト

 

2021年3月 関わってくださった多くの皆様へ感謝を込めて。

 

震災直後から多くの方から助けていただき、力を借りて海苔漁を復活できました。

あっという間の10年間、夢中で走り続けることができました。本当にありがとうございます。

今もこうやって海苔を作り続けられること、たくさんの出会いとご縁やご声援をいただいたことに、改めて心より感謝いたします。

 

海苔は年に1回しかできないので、あと何回できるか。今後も漁師として一生一品を目指し、美味しい海苔を毎年追求していきます。そしてこれからも、さらにもっと先の目に見えないもの~未来を生きる人たちや自然環境のことを想像しながら、自分にできる役割と共に生きていきます。

 

この10年で、自然環境は大きく変わり続けています。海の悪化を最も早く感じとれる海苔漁師である自分にとって、見過ごすことはできないです。自然あっての海苔、自然あっての僕です。

今後も海苔のことや、自然環境の恵み、魅力や尊さを伝えるためにも走り続けますので、これからもどうか見守ってください。そして一緒に伴走していただけると嬉しいです。

11年目からも、よろしくお願いいたします!

2021年3月1日 相澤太


味を作るのは生産者。生産者にしかできないこと。

 史上最年少 皇室御献上 海苔漁師・相澤 太 

イケメン 天才 漁師 相澤太 東松島 歴代最年少皇室御献上海苔漁師 海苔  最高級 宮城 矢本 大曲浜 アイザワ水産 海苔漁師

アイザワ水産にお越しいただきありがとうございます。

県内屈指の海苔の名産地・宮城県東松島市矢本で海苔一筋。三代目海苔漁師・相澤太です。

「皇室献上の浜」として有名なこの地で生まれ、漁師一同腕に鎬を削り、技を磨いています。

 

海苔の顔を見ながら、今では食べる人の顔も思い浮かべながら、強くたくましく元気な海苔を育てています。

 

想いを込めた「厳選」海苔や、海苔作りへのこだわりに、共感してくれる大切な仲間が増えました。多くの方に喜んでいただけて本当にうれしいです。

18才から海苔を始め、これまで数多くの挑戦も失敗も経験もありましたが、海苔漁師であることを誇りに思います。

 

食べた人の未来をつくる。漁師の未来にもつながる。

漁師の課題、漁業の未来、日本の食を繋いで行くのは僕らの世代です。

食べ物の裏側や自然環境を知り、今この時代の課題を一緒に考える人達と、日本の未来を一緒に創って行くため、僕は海苔漁師として「一生で一番美味い海苔」<一生一品>を目指します。

生産者をはじめとした仲間の皆さんへの技術共有は惜しみません。共に未来に向けてを盛り上げていきます。

 

自然の魅力と尊さを。これからも仲間のみなさんと共に。

自然と共に生きる自分自身の使命として、これからもパッションを持ってやるべきことを続けていきます。

「一生一品」と「自然の魅力と尊さ」を伝える代弁者として。

これからも目指して走り続けていくので、今後ともよろしくお願いいたします。




■ご紹介…「松島おでん」誕生!~塩釜阿部善商店様より

宮城塩釜・揚げかまぼこの老舗「株式会社阿部善商店」様(創業大正15年)より、宮城を代表する新商品・【松島おでん】が誕生しました。2020年初秋以降順次、全国のスーパー様にてお買い求めいただけます。

 

「宮城を代表する、牡蠣と海苔」~海のエキス・潮の香り豊かな、海を感じるおでんをどうぞ。

松島おでん 阿部善商店 おでん 宮城

宮城県産の牡蠣が贅沢にまるごと1粒、東松島の相澤太の海苔を使ったのり天の他、大根や玉子など人気の具材が入った風味豊かなレトルトおでん。1人前(6種6個)×2袋入りです。

 

宮城の海の幸を、ご家庭でお手軽に

【塩竃おでん】、【牛たん・笹かま入り仙台塩おでん】で有名な阿部善商店様より、お話をいただいて約2年。

 

「【宮城・松島】を代表する海の幸を知ってほしい。宮城を代表するおでんシリーズの姉妹品として、手軽に幅広く全国の方々に味わってほしい」と、地元・宮城に根差す阿部善商店様の想いに賛同し、相澤太の海苔を提供させていただくこととなり、何度も開発を重ねてくださいました。

_____________

ぜひお近くのスーパーのおでん売り場で探して見つけてみてね!(売ってなかったらお店さんへ聞いてみてください^^)相澤太

 

▶お問い合わせ:株式会社阿部善商店様

 

「伊達の阿部善(あべぜん)松島おでん」

松島おでん 阿部善商店 おでん 宮城


■初海外ワークショップ報告

国際サマーアカデミー2018 「私たちの未来 食の世界」 レポート

デンマークで行われた世界的視野で食の未来を考える1週間のインターナショナルサマースクール

僕は8月9日のDAY4・オーシャン担当として招待していただきました。

デンマークの人たちからも多くを学び、国や世界の未来について考えさせられる素晴らしい経験をしました。

 

このように僕が世界へ飛び出せたのも、これまで日本でたくさんワークショップをさせてもらった経験がなければできないことでした。

 

今まで関わってくださった皆さんに感謝するとともに、その思いも一緒に運んで行ったつもりです。デンマークは自然溢れる文化、豊かな素晴らしい国だったので、僕が経験して学んできたことなど、皆さんに報告したいと思い、少しづつ時間をかけて振り返りまとめました。

長くなりますがよろしくお願いします。

こちらから



■究極の海苔弁当「海苔段々」~お弁当の万年屋~@茨城

 

2019年7月31日 新発売情報!

 

お弁当の万年屋さんがこだわり抜いた、魂と郷愁の一品です。 

 

 茨城県の「お弁当の万年屋さん」ワタルシェフと共同開発した新のり弁「海苔段々(のりだんだん)」が、いよいよ新発売になったそうです。

 

どこか懐かしい茨城版海苔弁当「海苔段々」は、「海苔/明太子、枕崎花かつお/ひたちなか市黒沢醤油店・醤蔵/ご飯」の二段重ねの脇におかずが寄り添う<ザ・海苔弁>。

 

シンプルなだけに、メイン食材すべて、こだわりの生産者による究極の食材揃いで価格は税込¥600。(オプション可)

 

もちろん、相澤太の海苔も、このお弁当用に最適なこだわり海苔を、自信をもって提供させていただきました。

風味・味わいが溢れる究極の海苔弁当を召し上がってみませんか。

お弁当の万年屋さんホームページより(2019年7月に大洗工場へ訪問させていただきました) 

▼茨城県内配達エリアや販売所は以下HPより予めご確認の上、お問い合わせください。(発売期間、価格、パッケージ等は、時期により変更の可能性があります)



■東松島のりグルメ ご紹介




■2021年3月、震災10年に於いて。相澤太

震災から走り続けて10年。震災直後から多くの方から助けていただきました。力を借りて復活できたことに、改めて心より感謝いたします。そして、たくさんの出会いとご縁をいただき、走り続けることができました。本当にありがとうございます。

今後も漁師として<一生一品>を目指し、美味しい海苔を突き詰めていきます。

そして、これからはさらに、未来を想像して使命を全うます。

この10年で自然環境は大きく変わっています。海の悪化が明らかに感じられる海苔漁師である自分にとって、見過ごすことはできないです。

今後も自然環境や食の恵み・魅力や尊さを伝えるために走り続けますので、どうかこれからもお付き合いください。

世の中のためにも、さらにもっと先の目に見えないもの・未来を生きる人たちや自然環境のことを想像しながら、自分にできる役割を全うします。

11年目からも、よろしくお願いいたします!

関わってくださった多くの皆様へ感謝を込めて。

2021年3月1日 相澤太

NHK WORLD/jibtvさんによるオンデマンド動画サイト、ぜひご覧ください。(画像をタップ・クリック)

災害から10年後、東北各地から海外の方々への感謝の気持ちと共に、復興の状況や僕の思いについて取り上げて番組制作くださいました。(英語番組ですが、僕の話は日本語です)

 

CNインターボイス多部田さん、みなさん、本当にありがとうございました!!これからもよろしくお願いいたします!


「太漁会」は解散。本当にありがとうございました。2015年5月。アイザワ水産新たな船出の始まりです。

■2012年から3年間の協業を経て。アイザワ水産再始動。

震災後、「太漁会」を応援してくださった全国の皆さま、本当にありがとうございました。この場をお借りして、心より御礼申し上げます。

震災後、3年間の協業を経て。アイザワ水産再始動。

    2012年から、3年間期限付き国の補助事業による協業で、海苔を復活できました。

2015年4月末をもって、若手漁師三経営体が集まった最若年グループ「太漁会」は解散、これからは別々の道を進みます。

最終年度は矢本支所最高水揚高を達成し、終えることができました。本当にありがとうございました。

仙台発インターネットTV「ari TV」さんに取材していただきました。

2012年10月当時、海苔漁再開に向ける想いです。

お世話になった方々へ、本当にありがとうございました。


2015年5月。アイザワ水産、新たな船出の始まりです。


リンク